SUSTAINABILITY

サステナビリティ

当社は、持続可能な社会の実現に向けて 「環境活動」「健康経営」に取り組んでいます。

環境活動

地球環境と地域社会への貢献

当社は、株式会社日本環境認証機構(JACO)よりISO14001に準拠した環境マネジメントシステムの認証を取得しております。日常の事業活動にかかわる環境法や環境上の規範を遵守するとともに、環境に優しい商品をお客様に提供するための努力を続けてまいります。

環境方針

当社は、絶えず最新技術を追求し、高い品質・性能を誇る製品・サービスを提供することで社会の発展に貢献するとともに、環境に配慮した事業活動を通じ、より良い地球環境の保全と、地域社会との共存に貢献します。

1.環境に配慮した企業活動
事業活動に伴う環境への影響を最小限に抑え、資源・エネルギーの有効利用及び環境汚染や地球温暖化などの未然防止への取り組みを環境活動の改善に活かします。

2.企業責任の遂行と社会への貢献
環境保全に関する諸法規・条例を遵守、尊重し、地球的視野に立った企業責任を遂行します。

3.環境意識の高揚
社員一人ひとりが環境保全を自己の問題と認識し、業務を通じた組織的取り組みはもちろん、一市民としても日常生活を通じた生物多様性や生態系保護の取り組みにより環境改善に努めます。

EC19J0003 JAB CM021

健康経営

持続的な成長による社会への貢献

目的とねらい

当社は、これまでヘルスケア領域へ様々な取り組みを行ってきました。2003年に世界初となる携帯電話での歩数計機能の搭載に始まり、2018年にスマートフォンへの健康管理サービスの搭載、近年では当社SNSサービスとの連携など、お客様の健康保持・促進をサポートする機能を携帯電話やスマートフォンに搭載してまいりました。 また、2020年発売の「らくらくスマートフォンF-42A」においては、日常の歩行活動を通じ、認知症発症リスクを予測することで、健康行動にご活用いただける機能を搭載するなど、ますます進展する高齢化社会の課題にも取り組んでおります。 今後はモバイルヘルスにとどまらず、保有するAIやIoTのデジタル技術の促進によって、その他のデジタルヘルスケア領域や地域社会へ貢献していくことが、当社の使命と捉えています。また同時に当社社員が健康でいきいきと働くことができる職場づくりを進めることが、社会へ価値提供し貢献するために欠かせない要素です。 当社はその認識のもと、会社と社員双方が協力しながら、健康経営に取り組んでまいります。

健康経営宣言

当社は、つなぐ技術による価値創出で、人にやさしい豊かな社会の実現に貢献するために、「社員の健康が会社の持続的な成長を支える経営基盤」と捉え、社員一人ひとりが心身ともに健康でいきいきと働くことができる環境づくりを目指します。

健康経営方針

すべての社員のために、会社は生活習慣、メンタルヘルスケア推進、がん予防、禁煙施策等、健康の保持・増進活動を強化するとともに社員一人ひとりの自律した健康管理を積極的に支援します。

多様な社員の個性を尊重し、イノベーションが起こせる職場づくり、ワーク・ライフ・バランスの実現、社員および家族の健康の保持・増進などを総合的に推進します。

ヘルスケア領域において社員、お客様、および社会全体の健康づくり促進や、社会コミュニティにおける「つながり」を創出し、人々がいつまでもいきいきと暮らせる社会の実現に貢献します。

体制

  • 当社では社員一人ひとりが自律して自身の健康管理を行う風土醸成を目指して、以下体制で健康経営を戦略的に推進します。
  • 社長を健康経営の責任者とし、全社で健康経営に取り組みます。
  • すべての拠点・組織に健康経営推進メンバーを置き、健保組合・医療スタッフが密に連携を図り、社員の健康の保持増進を推進します。
  • 経営会議や健康経営推進定例会、また社内ポータルサイト等を活用し情報共有を図ります。

健康経営優良法人2021(大規模法人部門)に認定されました。

健康経営優良法人2021