arrows先生が聞く

10周年を迎えた「arrows」ってどんなスマホ? 
これからどうなる? 
FCNTの“中の人”が語る

2021年、FCNTのスマートフォン「arrows」が誕生から10周年を迎えました。折しも、arrowsスマホを開発/製造する富士通コネクテッドテクノロジーズも「FCNT株式会社」に社名を変更し、新たなスタートを切りました。この記念すべきタイミングで、伝説の「arrows先生」がarrowsの過去、これから、そして未来について話を聞きました。

2021年4月、富士通コネクテッドテクノロジーズが「FCNT」に社名を変更しました。新たなメッセージ「Creating New “Connects” 未だかつてない『つながり』を創造する」を掲げ、「arrows」「らくらくスマートフォン」といった端末製品を軸に据えつつ、サービスビジネスやソリューションビジネスにも注力しています。

2021年4月、社名を変更して新たなスタートを切ったFCNT
2021年4月、社名を変更して新たなスタートを切ったFCNT

FCNTといえば、2021年はarrowsブランドの10周年のメモリアルイヤーでもあります。そんな中、音信不通気味だった伝説の「arrows先生」から突然、ITmedia Mobile編集部の編集担当Iに連絡が入りました。聞くと、「arrowsは10周年。今までを振り返りつつ、これからの展望を聞きたい」のだそうです。

「突然の依頼で受けてもらえるかなぁ……?」と思いつつ、編集担当IはFCNTにインタビュー取材を依頼したところ、予想外にも受けてもらえることになりました。「これは良かった」と思いつつ、急きょarrows先生とFCNTの皆さんが会する場をアレンジしました。

arrowsが大文字の「ARROWS」だった頃から、約10年間arrowsを研究してきたarrows先生。FCNTの中の人たちに、一体何を聞くのでしょうか……?

arrows先生(アローズせんせい)近影

19XX年生まれの自称18歳。
「arrowsは、我が体の一部である」と豪語するほどの熱血教師。arrowsを含むいろいろな携帯電話/スマートフォンを長年研究する傍ら、生徒たちに携帯電話/スマートフォンを便利に使う方法を伝授している。
見た目はアレだが、授業内容は至ってマジメである。

arrows先生
arrows先生

ITmedia Mobileの編集部員Iと“うり二つ”であるという指摘をよく受けるそうだが、「彼は、arrowsへの情熱を私と共有する同志」ということで、あくまでも別人である。

arrowsの過去:「人を想う」スマホは変わらない

主な語り手山田竜太郎さん
FCNT株式会社 ソリューション事業本部 ビジネス推進部 部長。同社における現職に就任する前は携帯電話/スマートフォンの商品企画を担当しており、arrowsの“生き字引”の1人でもある(参考記事)。今回は、スケジュールの都合でオンライン参加となった。

山田竜太郎さん
山田竜太郎さん

arrows先生 山田さん、約3年ぶりですね。よろしくお願いいたします。

山田氏 こちらこそ、よろしくお願いいたします。

arrows先生 2021年、arrowsブランドが10周年を迎えました。2011年のブランド発足当初は「ARROWS」と全部大文字でしたよね。2015年冬モデルに全部小文字の「arrows」になったかと思うのですが、どうして大文字から小文字に変えたのでしょうか。

山田氏 大文字の「ARROWS」がデビューした当時、スマートフォンはいわゆる最新のサービス(アプリなど)を使うための「先進的なデバイス」の1つでした。先進感、特にハイスペックさを求めるお客さまに、言葉通り“刺さる”ブランドにしようということで、デビュー時は全部大文字としました。「次の時代のハイスペックスマートフォン」といったように、ブランドメッセージもそれを強く意識しています。

2011年12月に発売されたNTTドコモ向けの「ARROWS X LTE F-05D」とau向けの「ARROWS Z ISW11F」は、いずれも当時のAndroidスマホとしてはハイエンドかつ多機能な“全部入り”だった
2011年12月に発売されたNTTドコモ向けの「ARROWS X LTE F-05D」と
au向けの「ARROWS Z ISW11F」は、いずれも当時のAndroidスマホとしては
ハイエンドかつ多機能な“全部入り”だった

当時は、お客さまも含めて携帯電話やスマートフォンに求められる価値の主軸が“スペック”にありました。しかし、年数を経るにつれてお客さまの求める価値が段々と変わってきました。具体的には、スペック自体よりも>スマホを使うことで得られる「体験価値」、いわゆる「UX(ユーザーエクスペリエンス)」に軸が移った感じです。

そこで、2015年冬商戦の新モデルから、ブランド名を小文字の「arrows」に変更した上で、ブランドメッセージも「人を想えば、進化は止まらない。」に改めました。従来はハイスペック推しの陰に隠れがちだった、使う人に寄り添った、便利な技術や機能のアピールに軸足を移したともいえます。「ヒューマンセントリックエンジン(HCE)」として、初期のARROWSから搭載していたものなんですけどね。

ARROWSからarrowsにリブランドされた初号機は、2015年10月にリリースされたNTTドコモ向けの「arrows Fit F-01H」だった。従来のハイスペック重視のブランドから使いやすさ重視のブランドとして再定義されたが、その「使いやすさ」は以前から培ってきたものである
ARROWSからarrowsにリブランドされた初号機は、
2015年10月にリリースされたNTTドコモ向けの「arrows Fit F-01H」だった。
従来のハイスペック重視のブランドから使いやすさ重視のブランドとして再定義されたが、
その「使いやすさ」は以前から培ってきたものである

arrows先生 そういえば、いつの間にかHCEのことを聞かなくなりましたね。一体どうなってしまったんですか……?

山田氏 現行のarrowsにも搭載されている「はっきりボイス」「ゆっくりボイス」といった通話時の支援機能は、初期のARROWSから搭載されています。

初期のARROWSでは、通話支援機能、セキュリティ機能、省電力機能といった独自機能を自社開発の半導体を使って実現していました。これがまさに「HCE」だったわけですが、スマホのSoC(CPUやGPUなどを統合したチップ)やAndroid OSの進化によって独自の半導体を使わなくても弊社の目指す使い勝手を実装できるようになりました。

かつてのHCEが実現していた“人間中心”を理念とした機能は、最新のarrowsに至るまで着実に生きています。

かつての「ヒューマンセントリックエンジン」が実現していた各種機能は、実装方法こそ変わってはいるが、現在のarrowsにも確実に引き継がれている
かつての「ヒューマンセントリックエンジン」が実現していた各種機能は、
実装方法こそ変わってはいるが、現在のarrowsにも確実に引き継がれている

arrows先生 FCNTにとっての「使いやすい」というのは、どのようなものを目指してきたのでしょうか。

山田氏 arrowsという製品はもちろんですが、今携わっているサービスビジネスやソリューションビジネスでも、起点はやはり「お客さま」に集約されると思っています。

私が端末の商品企画に携わり始めた頃、企画業務と並行しながら、当時の富士通の大代表電話に掛かってくる(自社の携帯電話やスマホに関する)お叱りの声を直接伺うこともしていました。「らくらくホン」の企画をしていた頃は、ショップで行われる携帯電話教室のサポートに入ることもありました。

私個人の話でもありますが、これらの経験からお客さまの視点から見て「本当に使いやすいのか?」「本当に便利なのか?」という視点は忘れないように強く意識しています。

arrows先生の質問に熱心に答えるFCNTの皆さん
arrows先生の質問に熱心に答えるFCNTの皆さん

arrowsの現在:「頑丈」「洗える」は言うほど簡単ではない

主な語り手中窪康治さん
FCNT株式会社 プロダクト&サービス事業本部 事業戦略グループ プリンシパルプロフェッショナル。
富士通のFOMA初号機(FOMA F2611)から携帯電話端末のハードウェア開発に従事しており、この2022年1月までarrowsのハードウェア開発にも携わっていた。今回は、スケジュールの都合でオンライン参加となった。

中窪康治さん
中窪康治さん

arrows先生 現在のarrowsは「頑丈さ」を結構プッシュしていますよね。頑丈さに着目したのは、何か理由があるのでしょうか。

山田氏 元をたどると、2015年あたりから「傷が付きにくい」ということを強くアピールし始めました。頑丈さにつながるルーツはそこにあります。

先ほども言った通り、大切なのはお客さまの視点です。スマホユーザーが持っている潜在的なニーズはないかと模索していたある日、画面がバキバキに割れたままスマホを使っている人が少なからずいることに気が付きました。SNSを見ると「すごく高いスマホを買って店を出た直後に画面を割っちゃった」なんて声も見かけました。

当時、お客さまから「衝撃に強いスマホが欲しい」「画面が割れにくいスマホが欲しい」といった明確なニーズは多いわけではありませんでした。しかし「せっかく買った端末はできるだけ壊れずに使い続けたい」というニーズは、潜在的に必ず存在すると思っていました。

傷の付きにくいarrowsが一定の好評を得られたことから、arrowsのブランドにとって大きなプラスになると考えて、頑丈さの向上に取り組むことにしました。

arrows先生 頑丈なarrowsのルーツは、2016年12月に発売された「arrows NX F-01J」ですよね。今だからこそ言えますが、高性能なSoCを積んでいるとかメインメモリやストレージの容量が大きいとか、いわゆる「ハイスペック」じゃなくて残念だった反面、薄型ボディーながら「MIL-STD-810G(旧MIL規格)」に準拠するタフネスさに驚いた記憶があります。「薄くて頑丈」って、ある意味で矛盾することだと思うのですが、どのように実現したのでしょうか。

中窪氏 山田がF-01Jの企画書を持ってきたときは、正直いって「ふざけんな」って思いましたよ。「何を言っているんだ?」と。社内でも「本当にそれをやるのか?」ともめた記憶があります。「やってもいいけれど、ゴツゴツになっちゃうよ」と。でも、山田たち企画担当は「普通の見た目で、画面の割れにくい頑丈なスマホ」と譲らないわけです。設計担当からすると、ますます「何を言ってるんだ?」ってなるわけです。

ただ、(FCNTのルーツである)富士通にはもともと、技術的に難しいことにチャレンジする社風があります。“技術魂”に火が付いて「やってやろうじゃないか!」となって、デザイナーとも話をしながら「細マッチョ」をキーワードに開発を進めました。

ただ、どうやればいいのか誰も分からなかったので、解析なども含めて試行錯誤を繰り返した結果生まれたのが「SOLID SHIELD(ソリッドシールド)」というボディー構造でした。そしてそれがF-01Jとして世に出ることになります。

arrowsの新たな価値であるタフネスさを手に入れた「arrows NX F-01J」
arrowsの新たな価値であるタフネスさを手に入れた「arrows NX F-01J」

arrows先生 F-01Jをルーツとして、arrowsのタフネスさはどのように進化してきたのでしょうか。

中窪氏 一番分かりやすい所ではガラスの周囲ですね。

当初はガラスの縁をコンマ数mm高くすることで割れづらくしていました。しかし、見た目が古くなってしまうのと、(スワイプ操作などで)どうしても出っぱりが気になるという問題点があります。私たち設計サイドはもちろん、デザイナーもどうにかしたいと考えていたので、段階的に縁を低くしていきました。

その積み重ねで、2019年夏モデルの「arrows Be3 F-02L」では縁を完全に引っ込めました。重量も150gを切りました。F-02Lには、私としても思い入れがあります。そして2020年冬モデルの「arrows NX9 F-52A」では、画面に曲面ガラスを採用しながらも、特に耐落下性能の基準が高くなった「MIL-STD-810H(現行のMIL規格)」に準拠しています。

先ほど山田も言っていましたが、画面がバキバキに割れてしまったスマホを使っている人を私もよく見かけます。そういうことを少しでも減らせたら、開発者冥利に尽きる所です。

arrows先生 最新の「arrows We」も、結構頑丈なんですよね。

中窪氏 そうです。F-52Aと同様に、最新のMIL-STD-810Hに準拠した耐衝撃/耐環境性能を確保しています。

画面側の縁をフラットにしながらも、タフネスさをしっかりと確保した「arrows Be3 F-02L」
画面側の縁をフラットにしながらも、タフネスさをしっかりと確保した「arrows Be3 F-02L」

arrows先生 最近のarrowsといえば、丈夫さに加えて泡ハンドソープで洗えることやアルコール消毒に対応していることもアピールしていますよね。これも結構大変なことではないでしょうか。

中窪氏 もちろん大変です。

arrowsで初めて洗えることを打ち出したのは、2017年7月に発売されたSIMフリーモデルの「arrows M04」でした。アルコール除菌は、M04の少し前にリリースした法人向けモデル「ARROWS M357」が対応していましたが、コンシューマー向けモデルではF-52Aから本格的に対応しています。

山田の言葉を借りれば、ニーズを捉えてすぐにやってみるという観点では取り組んで正解でした。新型コロナウイルス感染症がここまで拡大するとは思っていませんでしたが……。

arrows先生 洗えることやアルコール消毒対応は、防水と比べると大変なんですか。

中窪氏 洗えるという観点では、界面活性剤を始めとする洗浄成分が装置内部に浸入することを防ぐことや石けんをしっかりと洗い流せるようにすることが重要です。特に界面活性剤の浸入を防ぐことはかなり難しいです。“ヤツ”は本当に精密機器にとって世界最強で厄介なんです……。汚れを落とすというのは、本当に強力な作用なんですね。

一方で、アルコール消毒への対応は、ボディーの素材、コーティング剤や塗料への配慮が必要です。無対策だと、耐久性の面で問題が生じる可能性が高まります。

arrows先生 ということは、洗えるようにするには防水構造も結構念入りにする必要があるということですか。

中窪氏 そうですね。ただ、弊社の場合は今までボディーの防水/防塵(じん)の設計をしっかりやってきましたので、ひと工夫を加えることで実現できています。

画面に曲面ガラスを採用しつつも、より高い耐衝撃/耐環境性能に準拠した「arrows NX9 F-52A」。本体洗浄に加えてアルコール消毒にも対応している
画面に曲面ガラスを採用しつつも、より高い耐衝撃/耐環境性能に準拠した「arrows NX9 F-52A」。
本体洗浄に加えてアルコール消毒にも対応している

arrowsの未来:より快適で、より使いやすいarrowsを目指す

主な語り手外谷一磨さん
FCNT株式会社 プロダクト&サービス企画統括部 プリンシパルプロフェッショナル。新たなお客様価値を創出すべく、プロダクト(端末)とサービス融合型の戦略立案及び、他社とのアライアンス戦略を担当している。

外谷一磨さん
外谷一磨さん

主な語り手荒井厚介さん
FCNT株式会社 プロダクト&サービス企画統括部 プリンシパル クリエイティブ プロフェッショナル。プロダクトのマーケティングとデザインを主に担当しており、並行してプロダクトとサービスを融合した価値訴求の戦略にも携わっている

荒井厚介さん
荒井厚介さん

arrows先生 富士通の携帯電話というと、古くから生体認証に力を入れていますよね。指紋認証は国内初、虹彩認証は世界で初めて採用していると思うのですが、セキュリティへのこだわりはどこから来ているんでしょうか。

外谷氏 携帯電話は、自分のものを含む個人情報の“塊”でもあります。安心、安全に携帯電話を使っていただく手段の1つとしてで、セキュリティは欠かせないものです。(前身である)富士通はサーバも手がけてきたこともあり、セキュリティ機能に対するこだわりが強いです。そのことが、今の弊社のarrowsにも息づいているのかと思います。

arrows先生 個人的には「ARROWS NX F-04G」が世界で初めて搭載した虹彩認証(Iris Passport)がとても気に入っていました。マスクをして過ごすことが増えたこのご時世だからこそ、虹彩認証を復活させても良いように思えるのですが、いかがでしょうか。

外谷氏 今日出席している弊社のメンバーは、虹彩認証に再び取り組みたいと思っています。

おっしゃる通り、今は新型コロナウイルスの感染拡大もあって、マスクをされる人が増えていて「顔認証だとちょっとね……」という声もあります。その観点に立つと、虹彩認証は利便性と安全性を両立できるのでぜひともやりたいです。

ただし、(端末の)デザイン的な部分との整合性をどう取るのかという問題が立ちはだかっています。虹彩認証を搭載するとなると、部品の設置にそれなりの面積が必要で、画面の上下、私たちは「デコ」「アゴ」と読んでいますが、これらがどこまで許容されるものなのか、日々いろいろなパターンを検討しています。

いつか、何らかの形で(虹彩認証を搭載するarrowsを)披露できればとは思っています。

arrows先生 最近は「FASTフィンガーランチャー」や「Exlider」のように、指紋認証の機能も拡充していますよね。

外谷氏 単純にセキュリティを強化するための手段としてだけでなく、それをユーザビリティ(使い勝手)にどうつなげるのかということにはこだわっています。

世界初の虹彩認証対応スマホ「ARROWS NX F-04G」。このご時世だからこそ、マスクを外さなくてもいい虹彩認証は便利だと思うのだが、デザイン面との兼ね合いは難しいようだ
世界初の虹彩認証対応スマホ「ARROWS NX F-04G」。
このご時世だからこそ、マスクを外さなくてもいい虹彩認証は便利だと思うのだが、
デザイン面との兼ね合いは難しいようだ

arrows先生 「arrows 5G F-51A」からだと思うのですが、ミドルハイレンジモデルやハイエンドモデルでは放熱機構にも注力していると思います。これはなぜなのでしょうか。

中窪氏 お客さまが安心して使うという観点では、ハードユースの場合でもストレスなく使えるようにすることが重要です。ユースケースを想定してシミュレーションも行い、回路や構造を設計しています。

ただ、PCもそうなのですが、通信速度や処理パフォーマンスは高くなるほど発熱は大きくなる傾向にあります。PCでは冷却ファンを導入するという選択肢も取れますが、スマホではそういう訳には行きません。端末の大きさや薄さも含めて、どのように放熱するかベストバランスを探る必要があります。

外谷氏 発熱が大きくなると、端末のパフォーマンスを意図的に落とさざるを得なくなります。このことがユーザー満足度の低下につながることもあるので、できるだけ高いパフォーマンスを維持しつつ、しっかりと冷却するということを考えなければいけません。

その結果、F-51AやF-52Aでは液体を封入した放熱機構「ベイパーチャンバー」を導入しました。これで放熱効率は大きく改善しています。

arrows先生 過去のARROWSにおける発熱問題への反省もあって、放熱には注力しているのでしょうか。

中窪氏 そうですね。発熱問題に限らず、過去のモデルで生じた課題については将来のモデルにしっかりとフィードバックしています。

F-51AとF-52Aでは液体を封入することで効率を高めた放熱機構「ベイパーチャンバー」を採用している(画像はF-51Aの例)
F-51AとF-52Aでは液体を封入することで
効率を高めた放熱機構「ベイパーチャンバー」を採用している(画像はF-51Aの例)

arrows先生 arrowsの最新モデルであるarrows Weですが、最新の5Gに対応するスマホながらも、販売ルートによっては税別で2万円を切る価格であることがビックリです。使ってみると「安かろう悪かろう」じゃないことはよく分かるんですけど、こんなに安くて大丈夫なんですか。

外谷氏 私たちにとっての「お客さま」、arrowsを愛用してくださっているエンドユーザーさまと、arrowsを取り扱ってくださるMVNOを含むキャリアさまの双方がどのようなスマホを求めているかという“時代の流れ”を考えたときに、新生(社名を変更した)FCNTの第1弾の新ブランドとして打ち出したのがarrows Weです。

そのこともあり、従来の5Gスマホと比較しても買い求めやすい価格設定としています。arrows Weを通して、より多くの人に5Gを含む新しいデジタル体験を届けたいと考えています。また、同一の機種とブランドをマルチキャリアで展開するのも(前身を含めて)初めての取り組みです。

荒井氏 arrows Weは、あえてお求めやすい価格帯の5Gスマホとして打ち出しています。手に取って使っていただければ分かると思いますが「安かろう悪かろう」にはなっていません。この点には大きな自信があります。

弊社が社内で使うスマホアプリには、そこそこ処理負荷の重いものもあるのですが、arrows Weでも意外とこなせます。低価格と品質を両立したスマホとして、arrows Weは5Gの普及期には欠かせない存在だと自負しています。おかげさまで、エンドユーザーさまからもキャリアさまからも良好なフィードバックが得られています。

新生FCNTとして初めてリリースしたarrowsである「arrows We」
新生FCNTとして初めてリリースしたarrowsである「arrows We」

arrows先生 arrows Weを足がかりにして「よりハイスペックなスマホが欲しい」と考える人もいると思います。古くからのarrows(ARROWS)ファンも「昔みたいなハイスペックなarrowsを手にしたい」と考えている人もいると思います。

そう考えると「エントリー」「ミドルレンジ」「ハイエンド」のそれぞれにおいてarrowsが必要だと思うのですが、今後どのようなラインアップを考えているのでしょうか。

荒井氏 以前であれば、端末のスペックによって「エントリー」「ミドルレンジ」「ハイエンド」が自動的に決まってくるような感じだったと思います。ただ、スペックだけを見れば、現在はarrows Weのようなエントリークラスのスマホでも使い方によっては必要十分な性能を備えています。一方でハイエンドクラスの製品では多眼かつ高画素なカメラを備えることもあり、価格もかなり高くなる傾向にあります。

私たちとしては、もっとお客さまのことをよく見て、何を求めているのかをしっかりと把握した上で、セグメントやカテゴリーにおける“フラグシップ”となるスマホを提供していこうと考えています。もちろん、ハイエンドなSoCを搭載してリッチなカメラを搭載したarrowsを求めるお客さまの存在は認識していますし、チャレンジではありますが今までになかったカテゴリーのニーズの発掘も進めなければいけません。

外谷氏 このシーズンの新製品はarrows Weと「らくらくスマートフォン F-52B」の2つでしたが、FCNTではさまざまなスマートフォンのラインアップを検討しています。より多くのお客さまに、よりピッタリな製品を提供できるように取り組んでいますのでご期待いただければと思っています。

arrows先生 将来のarrowsに期待という所で、何か「将来のarrows」のヒントになることを、可能な範囲で構わないので教えてください。

外谷氏 まず、お客さまに端末を長く愛用いただくという観点では、ソフトウェアの更新を含めたサポート面はしっかりとやっていきます。私たちは数少ない日本メーカーであり、開発から生産までを日本国内で完結できる体制も整えています。先ほど出てきた洗えるスマホの話もそうですが、日本のお客さまのニーズをしっかりと捉えたarrowsを世に送り出せたらと考えています。

最近よく話を聞く機会が多いサステナビリティ(持続可能性)にもしっかり取り組んでいきます。今でもリサイクル素材や環境配慮素材を使ったもの作り自体は行われていますが、そのことを“露骨に”しすぎてお客さまにご迷惑をお掛けするのはよくありません。

F-01Jで「細マッチョ」を実現したときのように、FCNTの技術とDNAをもって、使い勝手やデザイン性を高いレベルで確保した上で、さり気なくサステナビリティにも配慮したarrowsを実現します。

取材後記:これからのarrowsにも期待

今回の取材を終えて、arrowsの商品企画や開発に携わっている人たちの熱い思いを改めて感じることができた。

2011年の誕生、2015年のリニューアルを経て、2021年に10周年を迎えたarrowsブランドは、今までの、そしてこれからのFCNTを象徴する製品である。日進月歩していく技術と日々変化していくユーザーのニーズを捉えて、文字通りより多くの人を“つなぐ”ためのスマホとしての進化は止まらないだろう。技術やニーズの変化によっては、今のスマホからは考えも付かない姿に進化する可能性もあり得る。私(arrows先生)個人としては、とにかくフラグシップのarrowsの登場が期待できそうで、今回話を聞いて良かったと感じた。

今後のarrowsから、目が離せない。

これからのarrowsにも期待したい(編集注:この写真を見る限り、arrows先生は本当にハイスペックなarrowsを求めているんだなと……)
これからのarrowsにも期待したい
(編集注:この写真を見る限り、arrows先生は
本当にハイスペックなarrowsを求めているんだなと……)

その他のコンテンツ