SOLUTION/

TECHNOLOGY

ソリューションビジネスを支える技術とノウハウ

最先端の5G技術から、30年来の携帯電話、スマートフォン開発を通じて培ってきた様々な技術やノウハウまでを価値化し、お客様に最良のかたちで提供します。

無線通信技術

最先端の5G通信技術を中心にLTE、Wi-Fiまで30年来の携帯電話開発で培った技術とノウハウをご紹介します。

5Gミリ波電磁界解析技術

5Gミリ波電磁界解析技術と4G + 5Gアンテナ共用による省スペースマルチバンドアンテナ設計

電磁界解析技術によるシミュレーションと実機評価により、性能確保が難しいミリ波のアンテナ性能を総合評価し、最適な実装を行います。

4G + 5Gアンテナ共用による省スペースマルチバンドアンテナ設計

筐体の金属フレームをフル活用し、5G(ミリ波 + Sub6)と4G、Wi-Fi、GPSに対応しています。

5Gミリ波電磁界解析技術

ミリ波のビーム特性を鑑み、3つのミリ波モジュールの適切な実装手法と筐体素材の工夫により、周囲部品の影響を回避し、省スペースでも高性能を実現します。

多周波数共用アンテナ技術

複数の周波数のアンテナを共用化する技術を用いて製品の小型化を実現します。
スマートフォンやタブレットに搭載されている各無線システム間の干渉を考慮し、アンテナ配置を最適化します。

技術例1:整合回路構成と調整方法によるマルチバンドアンテナ【特許出願中:WO2017130348A1】

アンテナ構造とアンテナに付属する整合回路の工夫により、広い周波数範囲に渡って、国内外の様々なキャリアのバンドに対応します。

技術例2:アンテナ共用化技術を用いて製品の小型化開発に貢献

外周金属フレームを活用して、LTE / Wi-Fi / GPSアンテナを構築します。

無線系設備・測定器

5G(ミリ波 / Sub6)の無線評価やアンテナ評価に必要な多数の測定系設備を所有しています。

5G無線評価設備環境

アンテナ評価設備環境1:反射特性評価

アンテナ評価設備環境2:放射特性評価

アンテナ評価設備環境3:人体特性評価

ノイズ可視化技術

電磁界シュミレーション / 電磁界測定システムによるプリント基板・デバイスのノイズの可視化と、スマートフォン / タブレット開発で培った基板設計・組み込み技術、および様々な条件下でのEMI設計技術により、無線通信品質を確保実現します。

技術例1:電磁界シミュレーションによる配線最適化

技術例2:電磁界測定システムを用いた対策効果検証 / 組込みデバイスのノイズ可視化

技術例3:電磁界測定システムを用いた組込みデバイスのノイズ可視化

ネットワーク品質モニタリング・解析技術

プロトコル情報をモニタリングするアプリケーションプログラムです。端末、及び、ネットワークの状態を監視・解析し、ネットワーク品質向上に貢献します。

主な機能

  • スマートフォンの画面上でリアルタイムに無線通信品質情報・電波状態を表示
  • 各通信レイヤーごとに通信状態や性能を可視化
  • スループットの測定
  • LTE、5G(ミリ波、Sub-6)に対応し、ローカル5G環境でも使用可能
  • 位置情報を含めたモニターログ保存

Wi-Fiハンドオーバー最適化技術

複数のWi-Fi アクセスポイント設置環境(事業所内など)において、スマートフォン側でハンドオーバー契機を最適状態に調整可能です。適切なWi-Fiハンドオーバーが可能となり、快適な通信を実現します。

熱解析・放熱設計技術

最先端の5G通信技術と知見をベースに、お客様の5Gへ向けた実証実験や先行検討をサポートいたします。

熱解析技術

利用シーンに合わせた細かな熱シミュレーションを実施します。シミュレーション結果を元に構造設計および試作機を開発し、試作機にて熱源配置や均熱 / 放熱状態を確認すると共に、内部温度と表面温度の相関から最適な熱制御を行う技術です。

放熱設計技術

冷却機構(ベイパーチャンバー)の適用や熱伝導率の高い材料を用いた金属フレームによる熱拡散により、放熱効率の向上を実現します。

クラウド・AI技術

5Gの超高速、超低遅延、多数同時接続により、ビークルの高度化は今後ますます加速していきます。
最先端の5G通信の実用化技術を中心に、5G時代のコネクテッドビークルの進化へ向けて確実な技術で応えていきます。

高速・省メモリな画像認識技術

モバイル端末内で動作するディープラーニング画像認識技術です。クラウド実装に比べて、画像送信不要で低遅延で処理することができるところが特長です。

応用例1:花認識

  • ディープラーニングによる画像認識で、同カテゴリ内の種類を認識可能な詳細画像識別技術
  • モバイル端末内で認識処理を実行し、約400種の花の種類を認識可能

応用例2:撮影シーン認識

  • ディープラーニングを用いた撮影シーン認識処理をカメラのファインダー表示中に実行可能にするリアルタイム認識処理技術
  • 人の表情を認識する技術

音声による対話エンジン

端末内で応答文を生成し、即時応答可能な対話技術と、対話の中からユーザー情報を収集し、対話に活用する技術を組合せた独自エンジンです。

応用例:健康管理のためのエージェントデバイス

  • 音声対話エンジンと健康チェックできるセンサーを搭載
  • エージェントからの自然な対話を通じて、あなたの健康状態をチェック
  • あなたの健康状態に合わせて、食事や運動のパーソナライズされたアドバイスを提供

手書き文字認識エンジン

重ね書きされた手書き文字を3つの要素を使用し、高速、高精度で識別します。

応用例:手書き文字入力

  • 筆画位置関係を正確に把握する技術(ニューラルネット)
  • 前後の文脈を把握する技術(文脈処理)
  • 文字の形状を把握する識別する技術(個別文字認識)

堅牢・耐久性技術

開発で培った経験とノウハウで問題を解決します。

画面が割れにくい堅牢設計

高強度樹脂材料とユニボディ化、衝撃吸収構造により落下の衝撃に強く画面の割れにくい堅牢性を実現しています。

汚れても、洗剤で洗える

油などの汚れがついてしまった場合でも液体洗剤による洗浄が可能です。(無故障を保証するものではありません。ついた泡は水道水でしっかりと流してください)

詳しく見る

衛生面への配慮が必要な現場でも使える、耐薬品性能

病院や食品を扱う現場など衛生面で配慮が必要な環境でも安心して利用できるように、イソプロピルアルコール(99.7%)、エタノール(99.5%)、次亜塩素酸ナトリウム(1.0%)による拭き取りが可能です。
いつでも清潔な状態で端末を維持することができます。

耐久性を確認する様々な試験

製造したスマートフォンに対し厳しい出荷基準を定めており、数々の試験をくぐり抜けた端末だけを出荷しています。

厳しい環境下でもあんしんして使える

落下をはじめ耐久性などの試験をクリア。厳しい環境下でもあんしんして使えます。

※MIL規格準拠について
米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の23項目、落下、耐衝撃、防水(浸漬)、防塵(6時間風速有り)、防塵(72時間)、塩水耐久、防湿、耐日射(連続)、耐日射(湿度変化)、耐振動、防水(風雨)、雨滴、熱衝撃、高温動作(60℃固定)、高温動作(32~49℃変化)、高温保管(70℃固定)、高温保管(30~60℃変化)、低温動作(-20℃固定)、低温保管(-30℃固定)、低圧動作、低圧保管、氷結(-10℃結露)、氷結(-10℃氷結)に準拠した試験を実施。充電可能な温度範囲:5~35℃。使用環境:温度5~35℃、湿度45~85%。風呂場では、温度は5~45℃、湿度は45~99%以下でご使用ください(但し、温度36℃以上または湿度86%以上は一時的な使用に限ります)。なお、すべての機能の連続動作を保証するものではありません。また、調査の結果、お客様の取り扱いの不備による故障と判明した場合、保証の対象外となります。